2008年06月25日

祝い目出度

 先日結婚式に出席しました。
 九州の結婚式はやはり他の地方とは違い独特な感じがあるらしいです。
 だいたい式の最後に黒田節を歌い、博多一本締めで終わります。
 黒田節というのは、雅楽の越天楽の節にさまざまな歌詞を当てはめて歌う越天楽今様が元になっている。と言われています。
 その中でも「祝い目出度」というのを歌います。

 今回初めて歌詞が分かったので、書きますが、未だに歌えません…

祝い目出度の 若松様よ 若松様よ
枝も栄ゆりゃ 葉も繁る
エーイショーエ エーイショーエ
ショーエ ショーエ ションガネー
アイワイソセ エサソエー
ションガネー

こちの座敷は 祝いの座敷 祝いの座敷
鶴と亀とが遊ぶ(以下同じ)

こちのお庭に お井戸を掘れば お井戸を掘れば
水は若水 金がわく(以下同じ)

となります。

毎回酔っぱらってるので、記憶が曖昧なケースが多いです。
posted by かんちっと at 00:28| バンコク ☁| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。