2008年07月24日

山笠

 久しぶりの更新です。
 今月15日に博多の山笠に行ってきました。
 ずっと行きたかったんですが、なかなか機会が無くいけずにいたんですが、今年は行けるようになったし、平日だったんで迷ったんですが、一回ぐらいは無理をしようと思いいきました。
 櫛田神社に午前3時頃行き、場所取りをずっとしてました。
 すごい人だったんで、かなり後悔したんですが、山笠の追い山が始まるとそんなことも忘れて見入ってしまいました。
 山笠は、豊臣秀吉の「太閤町割り」を起源とする旧博多町の町の「ながれ」と呼ばれる集合体ごとに組織され、人形師の技術の粋を集めて作られた笠を担ぎ町中を走り回ります。
 ながれは「大黒」「東」「中洲」「西」「千代」「恵比寿」「土居」「上川端」の8つに分けられ、1トンぐらいの笠を担ぎます。
 詳細は他のサイトで調べてもらったほうが詳しいと思いますが、見ていて迫力もあり、「おぉ〜〜」って感じです。
 京都の祇園祭なんかとは違い、各集合体ごとの結束など昔から続いてる伝統があるんやな〜〜って感じる祭でした。
 来年見に行くかは分かりませんが、一度は見てみると非常に良いと思います。
 日本の夏は情緒があっていいな。と痛感した一日でした。
posted by かんちっと at 00:09| バンコク ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わしも学生時代一回だけ行ったな〜。さすがに櫛田神社内には入れなかったんで、街頭で見ましたけど。
しかし、早朝はしんどいよね、見る方にとっては。
そこがお祭り、日常=「ケ」から離れてる所が、「ハレ」の舞台なんでしょうね。
日常の地味な生活と、非日常なお祭り騒ぎがあるからこそ、人生はやっていけるのです。どちらか一方だけではダメなんですよね。
Posted by ひげ伯父 at 2008年07月24日 09:09
 笠を担ぐ人はこの時期に有休を使い果たすらしいですからね。
 正直見るのはいいですけど、担ぐのは厳しいですよ。
 最初はいいかもしれませんけど、沿道を担いでいる人はしんどそうでした。
 でも日本の伝統文化はいいもんですね。
Posted by かんちっと at 2008年07月24日 21:30
大阪の岸和田の"だんじり"みたいなもんかい?

伝統あるものはいいよね〜♪
Posted by BO-Z57 at 2008年07月26日 00:19
BO-Z57 さん
だんじりも行ってみたいですけどね。
日本の夏はお祭りがあるからいいですね〜〜
Posted by かんちっと at 2008年07月26日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。