2009年01月01日

一富士二鷹三茄子

謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年も宜しくお願い致します。

さて、ある人と初夢の「一富士二鷹三茄子」の話になったので、なぜこんな言い方になったのかネットで調べてみました。

まず初夢は一年の吉凶を占う習慣が江戸時代から出来たそうです。1日から2日にかけての夢。これは大晦日に寝ない習慣が昔からあったからだそうです。
2日から3日の夢というのは商売が2日から初売りが始まるから。という説があるからだそうです。

次に「一富士二鷹三茄子」ですが、これは徳川家康から来ているそうです。
徳川家ご当地の駿河国での高いものの順。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段。
富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」
富士は「無事」、鷹は「高い」、なすは事を「成す」という掛け言葉

さらに、「四扇(しおうぎ、よんせん)、五煙草(ごたばこ)、六座頭[1](ろくざとう)」と続けることもあるそうです。
一富士二鷹三茄子と、四扇五煙草六座頭は一応対応しているみたいで、富士と扇は末広がり。
鷹と煙草の煙は上昇するので運気上昇。
茄子と座頭は毛がないので「怪我ない」という語呂合わせ

なすびは落ちがないから縁起がいいという説もあるそうです。
富士山と扇の理屈は納得出来ますけど、それ以外はいまいちのような気もします。

初夢で上記のものが出たことがある人っているんですかね??

posted by かんちっと at 22:00| バンコク ☁| Comment(2) | 民俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいら、タバコ吸ってた。。。
しかも、富士山見ながら。。。
Posted by ぼーず57 at 2009年01月10日 00:46
ボーズ57さん
まじですか??
今年は何かいいことあるんちゃう??
根拠は何もありませんが、良いか悪いかだと良いのでいいんじゃないかな??
Posted by かんちっと at 2009年01月10日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。