2009年10月05日

山本五十六語録

最近本を読んでいて山本五十六の語録に感心した。
以前からこの言葉は知ってたんですけど、出所が分からなかったのと、複数の言葉がごっちゃになってたんで、頭の整理が出来ました。

「やってみせ、言って聞かせて、させて見せ、ほめてやらねば人は動かず」
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」
「苦しいこともあるだろう、言い度いこともあるだろう、不満なこともあるだろう、腹の立つこともあるだろう、泣き度いこともあるだろうこれらをじっとこらえてゆくのが男の修行である」

これらの言葉は会社員の中でも結構知られている言葉らしい。
確かに分かるけど、こんなのんきなこといってられんしな〜〜と思う今日この頃です。
posted by かんちっと at 10:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。