2012年04月24日

本当に最低賃金を40%あげるのか。

 タイ全土で4月1日から最低賃金が約40%引き上げられた。この政策は、昨年の総選挙で勝利したタイ貢献党インラック政権の公約の目玉だ。しかし、物価上昇や外国資本の近隣諸国への流出が懸念され、企業による人員削減で労働者の所得向上に必ずしもつながらないなどの憶測が流れている。

 タイ貢献党は、選挙公約で今年1月から最低賃金を全国一律で1日300バーツ(約790円)に引き上げるとしていた。産業界が強硬に反発し、タイ銀行も難色を示すなか、昨年10月に大規模な洪水に見舞われ、4月に延期するとともに、引き上げも2段階で行うことにした。タイは行政地域区分の都や県ごとに最低賃金が異なり、今月1日の引き上げで最低賃金が1日300バーツに達したのは、首都バンコクをはじめ、中部のパトゥムタニ県、ノンタブリ県、南部のプーケット県など1都6県。

 他の地方では、来年1月、最低賃金の再引き上げが行われる。全国一律で1日300バーツになると、地方進出によるコスト削減効果が薄れる。最低賃金は、今後2年間、据え置かれる予定だ。インラック政権は、企業の負担を軽減するため、今年は法人税率を30%から23%に、来年には20%に引き下げる。

 タイの民間シンクタンク、カシコン・リサーチ・センターによると、引き上げ後のタイの最低賃金は、中国・上海をやや下回るものの、北京と同水準で、ベトナムの平均最低賃金の約4倍、インドネシアの約3倍に達する。欧米諸国によるミャンマーへの経済制裁が解除されれば、外国への資本流出の可能性はさらに高まる。

 現地紙ネーションによると、タイ銀行は最低賃金引き上げに伴う人員削減により、約6万〜7万人が解雇され、失業率は0.7%から5.2%に上昇。インフレ率は1%高まり、民間消費需要は1.7%低下すると試算している。タイ商工会議所は、中小企業(従業員25人以下)の人件費は平均16.2%上昇し、企業総数の10%に当たる220万社が倒産や外国移転を余儀なくされるとみている。

といろいろと憶測が出てますけど、法人税が引き下げられる金額と人件費とどちらが良いのでしょうか。簡単に計算はできないでしょうけど。ただタイもだんだんと新しいステップに来ている印象を受けるので、現状のような安い労働力をもとめる企業には魅力が少なくなっていると言えるでしょう。
posted by かんちっと at 18:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

タクシン元首相

タイで汚職の罪で実刑判決が確定している、タイのタクシン元首相が、日本政府から特例的にビザの発給を受けて、来週、日本を訪問することに対し、反タクシン派の人たちが、バンコクの日本大使館前で抗議集会を開きました。これに関しては大使館からの注意喚起のメールも流されていましたが、facebookなどを利用して参加者を集めていたそうです。

タクシン元首相は、東日本大震災の被災地を視察するためだとしていますが、実際のところはどうなんでしょうか?期間は一週間の予定。

日本は実刑判決というか過去に犯罪を犯した人に対してビザを発給しないことになってますが、日本政府の判断は新政権に対しての特例的な措置だったようですが…

これに怒ったタイの人たちは18日におよそ80人が、「タクシン元首相は犯罪者だ」などと書かれた紙を手に、バンコクの日本大使館前に集まりました。

意見書を渡したりいろいろと行われたようですが、おそらく入国するんだろうな〜って感じですね。

恩赦のことを今のタイの首相はしません。みたいなことを行ってますけど、そのうちだすのかな〜
posted by かんちっと at 22:50| バンコク ☁| Comment(2) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

インラック氏が初の女性首相に 新政権発足へ

タイ国会は5日、7月の総選挙で圧勝したタクシン元首相派「タイ貢献党」のインラック・シナワット氏(44)をタイ初の女性首相に選出しました。一ヶ月ほどかけて各選挙区が不正がなかったかを審議して、この時期に当選者が確定しおわったということになります。新首相のインラック氏は組閣に着手し、来週に08年12月以来2年8カ月ぶりのタクシン派政権が正式発足することになります。

兄のタクシン・シナワット元首相に対しては、恩赦は行わないことを名言しています。

新首相は06年のクーデターで政権を追われ国外滞在中のタクシン元首相(62)の実の妹。ある専門家と話をしているときに、政治家経験の無い人がいきなり首相をしますかね?という話をしたときにその人は、別に選挙でタイ国民が選んだんだからいいんじゃないか?ということでした。

確かに民主主義ってそういうもんかと思い、これからなるようになるんだろうって感じです。

総選挙では北部、東北部農民を中心とした強固なタクシン氏支持層に加え、初の女性首相候補となったインラック氏個人への中間層の支持も追い風となって、貢献党が下院定数500の半数を大きく上回る265議席を獲得。少数5政党と連立を組み、下院で300議席確保しています。ちなみに反タクシンの「民主党」は159議席にとどまった。アピシット党首も責任をとってやめるとかなんとか…

これで政権も安定してくれるといいんですけど、どうなるんでしょうかね〜

posted by かんちっと at 23:22| バンコク ☔| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

選挙後

タイに来て選挙がすぐにありましたが、最近は特になにも起こりません。

何もないことはいいことなんですけど。選挙前からの予想通りに貢献党が第一党を獲得しました。

ま〜政治家経験の無い党首が首相を本当にするのか??って感じですけど、本当になりましたね。

これからのタイの期待値は良いのか悪いのか。デモの影響でバンコクも活気が無いのかと思ってましたけど、実際は人も多いし、景気も悪くないようです。

数年前のバンコクの一日の最低賃金は190バーツ弱だったのに今は210バーツ弱にまで上昇してるらしい

ま〜良いことなんでしょうけど、これからの不安材料というのはまだまだあるんだろうな。って感じです。
posted by かんちっと at 20:04| バンコク | Comment(2) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

GT-R

 最近日本でも話題の日産のGT-Rがタイでも輸入販売することになったそうです。
 タイの輸入車販売会社のイートン・インポートが販売するんだそうです。
 価格は990万バーツ。現時点で4台を受注しており、年内に20台程度販売する計画なんだそうです。
 そもそも990万バーツもかける車なのか?という気もします。
 現在のバーツと円のレートがちょっと落ちついてきたといっても3.3円ぐらいなんで、990万バーツ×3.3で32670000円。
 別に高くないんでしょうか?日本で購入すれば、500万円弱みたいなんで、日本人からすると高過ぎですけどね…
 
posted by かんちっと at 16:37| バンコク 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

タイの国政選挙

 今月23日にタイで国政選挙があります。この選挙は去年の9月におきたクーデター以後初めての国政選挙でこの選挙後、軍事政権は解散するとのこと。
 前首相のタクシン支持者や民主党のアピシット氏支持者との間で熾烈?な選挙戦が行われているんだとか。
 ラムカムヘン大学の事前調査だと都心周辺の選挙区ではタクシン支持者の優勢なんだそうです。
 しかし個人の人気だと民主党党首のアピシット氏が36.9%と一位なんだそうです。
 そして選挙に投票に行くか?という問いに行くと答えたのが89.9%とかなりの高水準。
 この数字だけを見るとタイは国政に関心が高い。と思ってしまいます。今は知りませんが、昔は票の売買が横行してて、相場は一票300bahtぐらいかららしいです。今はもうちょっと高値がついているんでしょうか?
 タイにいる頃にも何回も選挙はありましたが、選挙権も無いので、特に興味も無く、誰が選ばれても直接関係が無かったように思ってたので、いまいちタイの政治家や政策は知りません。
 今更ながらちゃんと関心を持って、情報を入れておくべきだったと後悔してます…
posted by かんちっと at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。